人気ブログランキング |
Recette日記
recette001.exblog.jp

Recette cuisine francaiseの日記
カテゴリ
以前の記事
2019年 06月
2019年 04月
2019年 03月
2019年 02月
2019年 01月
2018年 12月
2018年 11月
2018年 10月
2018年 09月
2018年 08月
2018年 07月
2018年 06月
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2001年 05月
最新のトラックバック
リンク
その他のジャンル
外部リンク
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
<   2006年 03月 ( 21 )   > この月の画像一覧
ぼやけてますが・・
ぼやけてますが・・_e0025817_063520.jpg

散歩してたら久しぶりにてんとう虫、見つけました。こんなに寒いのに・・・
by recette_chef | 2006-03-14 00:06 | 今日の出来事
春を告げる魚
春を告げる魚_e0025817_2354353.jpg


今の季節に美味しい眼張(メバル)。
「春告魚」とも書きます。(素敵じゃないですか?春を告げる魚って・・・)

一番左の目の大きい魚です。白身で、比較的脂肪分が多い春のお魚。
下あごが突き出し、頭部には大小さまざまなトゲがあります。

灰褐色のものはキンメバル。
灰赤色はアカメバル。
黒灰色はクロメバル。   でもどれも同じ種類です。。。


真ん中のカメラ目線のかわいい顔をしたのは、高級魚で取引される、ホウボウ。
水深100m前後の海底で生活するため腹面が偏平となった縦偏平型の体形。

白身でこちらは脂肪分が少なく味わいは淡白。

名前の由来は頭が角ばっているから「片帽、方頭」であるとか、海底をほうぼう這い回っているからとか、また、釣り上げたときに、うきぶくろが「グーグー」となる音になぞられたとか、いろいろな説があって面白いです。

一番右は北海道のいばら海老。
体中がイガイガで殻をむくのに一苦労。。
小さめの海老で頭のおみそが美味しいです!

オーブンで焼いたら頭ごと食べれました♪

春を告げる魚_e0025817_2332929.jpg  















本日のお魚料理は「春告魚のポワレ、ほたるいかと貝のソース」でした!
by recette_chef | 2006-03-13 23:37 | グルメ
寒の戻り
ちょっと前まで、お客様の上着は厚めだったのに、昨日、今日と薄めの上着が目立ちました。
少しお出かけもしやすくなり、公園でボーとしてても気持ちがいい風も・・・

・・・と、せっかく春らしく暖かくなってきたのに、明日から急激に寒くなるそうです。

・・・・寒の戻り・・・・

0℃ほどになる寒さらしいです。
皆様、どうぞ風邪などにお気をつけてください。。。
by recette_chef | 2006-03-12 22:06 | 今日の出来事
綺麗で美味しい!カステルフランコッ!!!
綺麗で美味しい!カステルフランコッ!!!_e0025817_1593920.jpg


これ、何だと思いますか?

-chicoree bigarree castelfranco-
イタリアでは「ラディッキオ・ヴァリエガード・カステルフランコ」と呼ばれている野菜!

ラディッキオ(チコリ)の一種で、もともとはヴェネトのキオッジャ地域で栽培されている冬の野菜ですが最近は1年中流通しています。
ヴァリエガードとは混色の意味でその名の通り赤紫と黄色の混じった美しい模様です。
独特の苦味が好まれ、イタリアをはじめ、ヨーロッパではサラダによく使われています。(ルセットでもサラダに使用してます)
葉の形は写真のような拡散するタイプと、キャベツのように結球する2種類があります。

  

お花のように綺麗です♪
by recette_chef | 2006-03-10 15:27 | グルメ
プティ・シュヴァル’93
プティ・シュヴァル’93_e0025817_1249418.jpg
フランス サンテミリオンの人気ワイン、シャトー・シュヴァル・ブランのセカンド(弟分)プティ・シュヴァル’93が入荷しました。(赤ワインです)

‘白馬’という意味のこのワイン、綺麗な名前で憧れのワインのひとつです。

シュヴァル・ブランはご存知な方も多いと思いますが、少し紹介します!




「シュヴァル・ブランは間違いなく、ボルドーで最も深遠なワインである。

今世紀のほとんどにおいて、サン=テミリオンの格付けの中で単独でトップの地位を占め、このアペラシオン最高のワインを生み出してきた。

ボルドーの「8大ワイン」のひとつであるシュヴァル・ブランは、おそらく、飲み頃の幅が最も広いワインであろう。

通常、このワインは最初に瓶詰めされた時点でおいしいのだが、最高に出来のよい年のワインの場合、長期にわたって質を保つことのできる能力を備えている。

メドックの第一級シャトーのワインも、ポムロルのペトリュスも、これほどの柔軟性を備えてはいない。

シュヴァル・ブランの絶大なる人気に貢献しているのは、このシャトーで生み出されるワインのスタイルにあると言える。

暗いルビー色で、優良なヴィンテージならば、ふくよかで豊かで、果実味に富んだワインとなる。

フルボディで、官能的で、みずみずしく、また人を惑わすほどに若い時点で飲みやすい。

そのブーケはとりわけ特徴的である。

最高のシュヴァル・ブランは、マルゴーなどのメドックの第一級シャトーのワインよりも香りが華やかだ。」

ロバート・パーカー(世界的有名なワイン評論家)の著者より・・・

このシュヴァル・ブランは近年人気と共に価格も高剰気味なので今回は飲み頃のセカンド、プティ・シュヴァルをご用意しました。


エチケットも素敵♪
by recette_chef | 2006-03-08 12:54 | ワイン
イベリコ豚!
イベリコ豚!_e0025817_2214737.jpg
ルセットはお好きなお料理をお選び頂けるプリフィックススタイルです。

なかでも人気なのが「イベリコ豚のグリエ」

イベリコとは豚の品種名で、スペインが原産。黒い毛と蹄を持つ黒豚で、野生に近い種のため自然放牧で肥育する。上質の脂肪と赤身が特徴、赤身には霜降り牛のようにサシが入っています。



当店では骨付きのロースを使用。
脂身が甘く口の中でとろけます。。。
by recette_chef | 2006-03-07 22:04 | グルメ
和菓子の美しさ。。。
昨日おひなさまでお客様から和菓子の差し入れ。
和菓子の美しさ。。。_e0025817_1231794.jpg
これって前回ご紹介した、ミロワール・オー・ショコラに似てませんか?
しっかり和菓子で、周りはきめの細かいこしあんでキラキラ光ってます!

すご~い!

勝手に名前付けて食べました。。。

「ミロワール・オー・コシアン」

美味しかった♪
和菓子の美しさ。。。_e0025817_1234327.jpg

かしわ餅って・・・・・・・
葉っぱは食べますか????
私は食べる派なのですが。。。
by recette_chef | 2006-03-05 01:29 | グルメ
幻の魚が、━キタ━━━━━(゚∀゚)━━━━!!
幻の魚が、━キタ━━━━━(゚∀゚)━━━━!! _e0025817_0173485.jpg朝、中央市場に行くと・・・・なんじゃこれ???見慣れん顔やな・・一茂さん、これ何?
仲買さんに聞いてみる。根室の一本釣り“銀鱈やー” ぎんだらと言えばアメリカやカナダからの
輸入品がほとんどで、北海道近海での漁獲はほとんど無い状態。“年に数匹しかあがらん幻の魚やで” 


さっそく買って帰り、おろしてみる・・・うわ、何このあぶら、ちょっぴり削いで食べてみる、
“うわー、まるで中トロや~”(彦麻呂チックに)
ちなみに地元では、“アブラボウズ”と呼ばれてるくらい脂肪分に富んでます。

鱈の名前がついていますが、鱈の仲間では無く、アイナメやホッケに近い魚です。
当店では、魚料理として春の食材をたっぷりと合わせて、一品作ってみました・・・・・・
幻の魚が、━キタ━━━━━(゚∀゚)━━━━!! _e0025817_0292954.jpg


幻の魚が、━キタ━━━━━(゚∀゚)━━━━!! _e0025817_0454036.jpg


根室産銀鱈のロースト ホワイト・アスパラと白子 蛍烏賊のヴァプール添え
たっぷりの春野菜とトリュフ風味のソース・ シャンパーニュ


まだまだ寒い日が続きますが、季節の移ろいを感じて頂ければ、幸いです!
by recette_chef | 2006-03-04 00:56
うれし、はずかし
先月、ご来店して頂いたお客様が今日も来て下さいました!
色んな事が詳しく、お話も楽しい!


このブログを見てくださっていて、日に2度も見ていたりしてるそうです。。。


・・・うれしいィ♪がんばらねば!・・・

 みなさんにいろんな食材やワイン、日々の出来事を楽しくお伝えできるよう・・・

 
これからも宜しくお願いいたします!!!
by recette_chef | 2006-03-02 22:59 | 今日の出来事
良薬口に苦し・・・(**)
子供の頃には周りに自然の食べ物が沢山ありました。
休みの日にはよく袋をもって、それらを取りに行きました(行かされてました・・)。

ふきのとう、つくし、栗、ふき、そしてこのクレソン!
良薬口に苦し・・・(**)_e0025817_8492045.jpg


近所に流れる綺麗な川の周りには雑草のようにクレソンがありました。

取り放題!食べ放題!

口に含むとなんとも・・・にが~い・・・から~い・・・でもうま~い・・・
子供にするとちょっと衝撃的な味。。。

今日その野生のクレソンが届いたので少し調べてみました。

アブラナ科の帰化植物(外国からやってきて自然に繁殖した植物)でフランス語。
和名はオランダガラシ又はミズガラシ。

日本には明治時代に西洋料理と共に伝わり、お肉料理のツマにする高級野菜でした。
使うのは葉と茎で、いらない根は捨てられていて、その捨てられた根から繁殖したと言われている、旺盛な生命力の植物です。

今では全国のやや水深の浅い清流の周辺に野生化され群生しています。

カルシウム、ビタミン、食物繊維の豊富な健康野菜で、血液もさらさらになるそうです!

凄いぞ、見直したぞ!オランダガラシ!!!





・・・オランダなん?・・・
by recette_chef | 2006-03-02 09:04 | グルメ