人気ブログランキング |
Recette日記
recette001.exblog.jp

Recette cuisine francaiseの日記
カテゴリ
以前の記事
2019年 06月
2019年 04月
2019年 03月
2019年 02月
2019年 01月
2018年 12月
2018年 11月
2018年 10月
2018年 09月
2018年 08月
2018年 07月
2018年 06月
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2001年 05月
最新のトラックバック
リンク
その他のジャンル
外部リンク
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
夏の冬トリュフ?!続編
昨日ご紹介させて頂いた「黒トリュフ」が専門料理という本の中に記事が掲載されていましたのでご紹介します。

夏の冬トリュフ?!続編_e0025817_19561921.jpg

その芳香はフランス産冬トリュフ以上!南半球の<黒いダイヤモンド>
オーストラリア産黒トリュフ

このオーストラリア産トリュフの学名はTuber melanosporum(テュベール メラノスポリュウム)
「ぺリゴールのトリュフ」とも呼ばれる、フランス産の、いわゆる正統派の黒トリュフと同種。
このトリュフはオーストラリア南西部のマンジマップという地のトリュフ農園で収穫される。
ワイン産地としても名高いこの周辺でおよそ7年前に開設された。
そもそもトリュフの発生条件はあまりにも複雑なため計画的にコントロールする技術は今だ確立していない。つまりトリュフ農園といってもトリュフの好む石灰質土壌に宿主になりやすいカシやナラといった木を植えるなどをして発生しそうな環境を整えている場所にすぎない。
すなわちトリュフが出来るかどうかは発生するまでわからないのだ。
「ヨーロッパから苗木を持ち込む等の長い年月を費やした結果、ようやく取引できるまでの収穫量になった」と語る。
今はフランスをはじめとするヨーロッパ各地、日本にも輸出されている。

さてこのオーストラリア産トリュフの大きな特徴。
収穫時期がフランスの北半球と逆。なので夏にあの香りが楽しめるという最大の魅力。
実際に取り扱う時期は6~8月だという。

・・・・・・・・・・・・・・・・専門料理 8月号より・・・・・・・・・・・・・

このオーストラリア産の黒トリュフの出荷は今年が初めてだそうです!!!
世界初?!
by recette_chef | 2007-07-30 20:00 | グルメ