Recette日記
recette001.exblog.jp

Recette cuisine francaiseの日記
カテゴリ
以前の記事
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2001年 05月
最新のコメント
コメントありがとうござい..
by recette_chef at 23:28
この熊肉は、どのコースメ..
by 匿名男7 at 08:06
かなやまさま~~~!!!..
by recette-recipe at 00:34
今夜は、ジビエづくし本当..
by かなやままみ at 22:21
http://stora..
by Edwardki at 09:40
やむ蔵さん 先日はあり..
by recette_chef at 22:45
やむ蔵さん お元気..
by recette_chef at 23:00
マダム&シェフ 暑い日..
by やむ蔵 at 01:41
kcanariさん 今..
by recette_chef at 20:14
「マッサン」効果ですか?..
by kcanari at 10:49
最新のトラックバック
リンク
その他のジャンル
外部リンク
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
海老カツバーガー
これ、何だと思いますか?
e0025817_1594891.jpg

・・・見たまま、ハンバーガーです!

先日、毎年お誕生日には必ずご来店頂けるお客様へのサプライズ!!

オマール海老が大好きなのと、今お茶の習い事をしている事をヒントに・・・・



「お茶の葉入りパンのオマール海老カツサンド」

ちょっとふざけてますが(笑)ちょっと素敵でした♪

シェフが悩み抜いた傑作です(とほほ・・・)
[PR]
# by recette_chef | 2006-03-18 02:10 | グルメ | Comments(0)
土佐香美フルーツトマト
e0025817_17555091.jpg


ルセットで使用している高知は夜須町の土佐香美フルーツトマトをご紹介します。


選ばれたトマトの苗は特別仕立て。水分をおさえ、植物の自然の力を極限にまで引き出すので
収穫は通常の1/5くらいに絞られますが、糖度も高く、その風味は感動するほどのおいしさです


●栽培の特徴

全国的にも日照時間が長いという夜須の自然環境を活かし、太陽の光を果実に行き渡らせる「立体栽培」を行っています。また、防根透水シート使用を基本とし、大地と切り離したシート栽培は、土壌汚染の心配もなく、栽培床にはココナツ果実の殻を利用し、有機肥料を中心に育てています。

植物本来の生命力と最高の糖度を引き出すために、水分を微妙に調整しながら育てるには、高度な技術が求められます。しかも天気や刻々と変わる気温、湿度にあわせて、つきっきりで育てています。


●出荷・品質管理

夜須のフルーツトマトは、食味(硬さ、糖度、酸度)に対するこだわりを大切にしています。生産者は、常に商品であるという意識を持ち、自分が育てたフルーツトマトは、まず自分で食べて味や外観をしっかりと確かめ、さらに糖度も定期的に測り、厳しい目で品質をチェックしています。
選別も全て生産者が行い、内容、外観、鮮度などから的確に選別しています。出荷場での定期的な抜き取り検査も実施しており、各工程における徹底した品質管理を経て、皆さまの元へお届けしています。
また、生産者全員が農薬の安全使用についての誓約書を提出。育てたフルーツトマトに責任を持つ意味で、外箱には産地と生産者を表示しています。
   
●おいしい食べ方

夜須のフルーツトマトは、サラダなどにして生で食べるのが最も適しています。
・ まるかじりする。(果汁が飛び散るのに注意)
・ 4つ切りにして食べる。
・ 皮が固くて気になる方は、皮をスライスするか、湯むきして食べる。
・ そのままミキサーにかけてジュースにして飲む。

●健康そのものフルーツトマト

トマトは、南米ペルーのアンデス高原が原産地で、ナス科の野菜です。日本で栽培が盛んになったのは、明治時代の頃からですが、はじめは独特の香りや赤い色のため、敬遠されていました。その後、食生活が欧米化して、サラダやパスタ、調味料(トマトケチャップ)の材料として、食卓には欠かせない存在になりました。
また、トマトにはリコピンという赤い色素が含まれていて、生活習慣病やガンなどの原因になる活性酸素を消すはたらきがあるといわれています。

太陽の光をいっぱい浴びて、大地と切り離した隔離栽培で土壌汚染の心配のない、健康そのものの夜須のフルーツトマト。

脇役になりやすいトマトですが、皆様に一度味わって頂きたいと思います。

最後においしいトマトの見分け方!

天候等の栽培条件により異なる場合がありますが、次の通りです。 
・ 持ってずっしりとした感じ、実のしまったもの
・ へたの反対側の中心から白い線が星のように延びている
・ 濃い赤色
・ 甘酸っぱい香り        

e0025817_1831386.jpge0025817_18312197.jpg 
[PR]
# by recette_chef | 2006-03-17 18:10 | グルメ | Comments(0)
散歩道
e0025817_8554337.jpg


北野を山手に上がるとこんなに綺麗な景色が見られます。
ルセットから10分位です!

手前の右には風見鶏の館、真ん中の細い道は北野坂。
その向こうの真ん中には、市役所。
海まで見渡せます。

静かで誰もいないのでストレッチ運動なんかしてしまいました。。。

梅が満開です。
どうぞ北野に散歩に来てください。♪
e0025817_924635.jpg
[PR]
# by recette_chef | 2006-03-15 09:04 | 今日の出来事 | Comments(2)
ぼやけてますが・・
e0025817_063520.jpg

散歩してたら久しぶりにてんとう虫、見つけました。こんなに寒いのに・・・
[PR]
# by recette_chef | 2006-03-14 00:06 | 今日の出来事 | Comments(0)
春を告げる魚
e0025817_2354353.jpg


今の季節に美味しい眼張(メバル)。
「春告魚」とも書きます。(素敵じゃないですか?春を告げる魚って・・・)

一番左の目の大きい魚です。白身で、比較的脂肪分が多い春のお魚。
下あごが突き出し、頭部には大小さまざまなトゲがあります。

灰褐色のものはキンメバル。
灰赤色はアカメバル。
黒灰色はクロメバル。   でもどれも同じ種類です。。。


真ん中のカメラ目線のかわいい顔をしたのは、高級魚で取引される、ホウボウ。
水深100m前後の海底で生活するため腹面が偏平となった縦偏平型の体形。

白身でこちらは脂肪分が少なく味わいは淡白。

名前の由来は頭が角ばっているから「片帽、方頭」であるとか、海底をほうぼう這い回っているからとか、また、釣り上げたときに、うきぶくろが「グーグー」となる音になぞられたとか、いろいろな説があって面白いです。

一番右は北海道のいばら海老。
体中がイガイガで殻をむくのに一苦労。。
小さめの海老で頭のおみそが美味しいです!

オーブンで焼いたら頭ごと食べれました♪

e0025817_2332929.jpg  















本日のお魚料理は「春告魚のポワレ、ほたるいかと貝のソース」でした!
[PR]
# by recette_chef | 2006-03-13 23:37 | グルメ | Comments(0)
寒の戻り
ちょっと前まで、お客様の上着は厚めだったのに、昨日、今日と薄めの上着が目立ちました。
少しお出かけもしやすくなり、公園でボーとしてても気持ちがいい風も・・・

・・・と、せっかく春らしく暖かくなってきたのに、明日から急激に寒くなるそうです。

・・・・寒の戻り・・・・

0℃ほどになる寒さらしいです。
皆様、どうぞ風邪などにお気をつけてください。。。
[PR]
# by recette_chef | 2006-03-12 22:06 | 今日の出来事 | Comments(0)
綺麗で美味しい!カステルフランコッ!!!
e0025817_1593920.jpg


これ、何だと思いますか?

-chicoree bigarree castelfranco-
イタリアでは「ラディッキオ・ヴァリエガード・カステルフランコ」と呼ばれている野菜!

ラディッキオ(チコリ)の一種で、もともとはヴェネトのキオッジャ地域で栽培されている冬の野菜ですが最近は1年中流通しています。
ヴァリエガードとは混色の意味でその名の通り赤紫と黄色の混じった美しい模様です。
独特の苦味が好まれ、イタリアをはじめ、ヨーロッパではサラダによく使われています。(ルセットでもサラダに使用してます)
葉の形は写真のような拡散するタイプと、キャベツのように結球する2種類があります。

  

お花のように綺麗です♪
[PR]
# by recette_chef | 2006-03-10 15:27 | グルメ | Comments(3)
プティ・シュヴァル’93
e0025817_1249418.jpg
フランス サンテミリオンの人気ワイン、シャトー・シュヴァル・ブランのセカンド(弟分)プティ・シュヴァル’93が入荷しました。(赤ワインです)

‘白馬’という意味のこのワイン、綺麗な名前で憧れのワインのひとつです。

シュヴァル・ブランはご存知な方も多いと思いますが、少し紹介します!




「シュヴァル・ブランは間違いなく、ボルドーで最も深遠なワインである。

今世紀のほとんどにおいて、サン=テミリオンの格付けの中で単独でトップの地位を占め、このアペラシオン最高のワインを生み出してきた。

ボルドーの「8大ワイン」のひとつであるシュヴァル・ブランは、おそらく、飲み頃の幅が最も広いワインであろう。

通常、このワインは最初に瓶詰めされた時点でおいしいのだが、最高に出来のよい年のワインの場合、長期にわたって質を保つことのできる能力を備えている。

メドックの第一級シャトーのワインも、ポムロルのペトリュスも、これほどの柔軟性を備えてはいない。

シュヴァル・ブランの絶大なる人気に貢献しているのは、このシャトーで生み出されるワインのスタイルにあると言える。

暗いルビー色で、優良なヴィンテージならば、ふくよかで豊かで、果実味に富んだワインとなる。

フルボディで、官能的で、みずみずしく、また人を惑わすほどに若い時点で飲みやすい。

そのブーケはとりわけ特徴的である。

最高のシュヴァル・ブランは、マルゴーなどのメドックの第一級シャトーのワインよりも香りが華やかだ。」

ロバート・パーカー(世界的有名なワイン評論家)の著者より・・・

このシュヴァル・ブランは近年人気と共に価格も高剰気味なので今回は飲み頃のセカンド、プティ・シュヴァルをご用意しました。


エチケットも素敵♪
[PR]
# by recette_chef | 2006-03-08 12:54 | ワイン | Comments(0)
イベリコ豚!
e0025817_2214737.jpg
ルセットはお好きなお料理をお選び頂けるプリフィックススタイルです。

なかでも人気なのが「イベリコ豚のグリエ」

イベリコとは豚の品種名で、スペインが原産。黒い毛と蹄を持つ黒豚で、野生に近い種のため自然放牧で肥育する。上質の脂肪と赤身が特徴、赤身には霜降り牛のようにサシが入っています。



当店では骨付きのロースを使用。
脂身が甘く口の中でとろけます。。。
[PR]
# by recette_chef | 2006-03-07 22:04 | グルメ | Comments(0)
和菓子の美しさ。。。
昨日おひなさまでお客様から和菓子の差し入れ。
e0025817_1231794.jpg
これって前回ご紹介した、ミロワール・オー・ショコラに似てませんか?
しっかり和菓子で、周りはきめの細かいこしあんでキラキラ光ってます!

すご~い!

勝手に名前付けて食べました。。。

「ミロワール・オー・コシアン」

美味しかった♪
e0025817_1234327.jpg

かしわ餅って・・・・・・・
葉っぱは食べますか????
私は食べる派なのですが。。。
[PR]
# by recette_chef | 2006-03-05 01:29 | グルメ | Comments(0)
幻の魚が、━キタ━━━━━(゚∀゚)━━━━!!
e0025817_0173485.jpg朝、中央市場に行くと・・・・なんじゃこれ???見慣れん顔やな・・一茂さん、これ何?
仲買さんに聞いてみる。根室の一本釣り“銀鱈やー” ぎんだらと言えばアメリカやカナダからの
輸入品がほとんどで、北海道近海での漁獲はほとんど無い状態。“年に数匹しかあがらん幻の魚やで” 


さっそく買って帰り、おろしてみる・・・うわ、何このあぶら、ちょっぴり削いで食べてみる、
“うわー、まるで中トロや~”(彦麻呂チックに)
ちなみに地元では、“アブラボウズ”と呼ばれてるくらい脂肪分に富んでます。

鱈の名前がついていますが、鱈の仲間では無く、アイナメやホッケに近い魚です。
当店では、魚料理として春の食材をたっぷりと合わせて、一品作ってみました・・・・・・
e0025817_0292954.jpg


e0025817_0454036.jpg


根室産銀鱈のロースト ホワイト・アスパラと白子 蛍烏賊のヴァプール添え
たっぷりの春野菜とトリュフ風味のソース・ シャンパーニュ


まだまだ寒い日が続きますが、季節の移ろいを感じて頂ければ、幸いです!
[PR]
# by recette_chef | 2006-03-04 00:56 | Comments(0)
うれし、はずかし
先月、ご来店して頂いたお客様が今日も来て下さいました!
色んな事が詳しく、お話も楽しい!


このブログを見てくださっていて、日に2度も見ていたりしてるそうです。。。


・・・うれしいィ♪がんばらねば!・・・

 みなさんにいろんな食材やワイン、日々の出来事を楽しくお伝えできるよう・・・

 
これからも宜しくお願いいたします!!!
[PR]
# by recette_chef | 2006-03-02 22:59 | 今日の出来事 | Comments(0)
良薬口に苦し・・・(**)
子供の頃には周りに自然の食べ物が沢山ありました。
休みの日にはよく袋をもって、それらを取りに行きました(行かされてました・・)。

ふきのとう、つくし、栗、ふき、そしてこのクレソン!
e0025817_8492045.jpg


近所に流れる綺麗な川の周りには雑草のようにクレソンがありました。

取り放題!食べ放題!

口に含むとなんとも・・・にが~い・・・から~い・・・でもうま~い・・・
子供にするとちょっと衝撃的な味。。。

今日その野生のクレソンが届いたので少し調べてみました。

アブラナ科の帰化植物(外国からやってきて自然に繁殖した植物)でフランス語。
和名はオランダガラシ又はミズガラシ。

日本には明治時代に西洋料理と共に伝わり、お肉料理のツマにする高級野菜でした。
使うのは葉と茎で、いらない根は捨てられていて、その捨てられた根から繁殖したと言われている、旺盛な生命力の植物です。

今では全国のやや水深の浅い清流の周辺に野生化され群生しています。

カルシウム、ビタミン、食物繊維の豊富な健康野菜で、血液もさらさらになるそうです!

凄いぞ、見直したぞ!オランダガラシ!!!





・・・オランダなん?・・・
[PR]
# by recette_chef | 2006-03-02 09:04 | グルメ | Comments(0)
ARANCIA ROSSA(赤いオレンジ)
e0025817_1593734.jpg
通常のオレンジより果肉が赤いブラッドオレンジ!

甘味と酸味のバランスがよく、きりっとした味わい!
お料理の邪魔はしません!
ビタミンCも豊富でアントシアニンも豊富で疲れた体を癒し、お肌のトラブルにも効果的♪
(・・・試食と言いながらついつい手が出ます・・・)

搾汁すると真っ赤な血のような色からブラッドオレンジと言われています。



ルセットではディナーのアヴァンデセールでちょっと手をくわえて登場してます!


P.S. メニューには載っていませんが搾りたてのお飲み物としてもご用意してます。
[PR]
# by recette_chef | 2006-03-01 02:20 | グルメ | Comments(0)
木蓮が・・
e0025817_22403539.jpg

咲きました(´ー`)
[PR]
# by recette_chef | 2006-02-26 22:40 | 今日の出来事 | Comments(0)
大好きなCM
シャンプーのCMで、男の子が見事な木(?)の役を踊って汗をかいて、お風呂で頭を洗っているの・・・すごくかわいい!

ラップのCMでおかっぱの女の子が「いつも姉がお世話になっています・・」
そのセリフがかわいい!

日常で幸せを感じるCM。。。


でも見たいときに見れないのが悲しい。。。
[PR]
# by recette_chef | 2006-02-26 03:08 | Comments(0)
木蓮
今日木蓮の花がお店に飾られました。
e0025817_217786.jpg

木蓮はなんと地球上の花木で最も古いとされ、1億年前から今の姿であったといわれています!

北野には、結構この木蓮の木が見られます。
ほとんど白い木蓮で、毎年桜が咲く前のこの時期には足を止めるほどに鮮やかに咲き始めます。

明日にはこのつぼみが花開く事でしょう。。。
e0025817_237174.jpg


楽しみ♪
[PR]
# by recette_chef | 2006-02-26 02:39 | 今日の出来事 | Comments(2)
ショコラ♪
最近、チョコレートネタが続いたので、今回も・・・すみません・・・

チョコレートはセピア色の光沢を放ち気品の高い優雅なイメージと神秘性を秘めた万人が愛するお菓子。この主原料のカカオ豆、古代メキシコでは紀元前2000年頃から栽培されてたともいいます。

そこでは、チョコレートはカカオ豆をすりつぶしたどろどろした「飲みもの」でアステカ人はそれにとうもろこしの粉やバニラ、スパイスなどを入れて飲んでいました。
16世紀初頭にはスペインに渡り、当初苦くてまずい飲み物だったものに砂糖を入れて甘くし、また温めて飲むようになり、貴族や僧侶達に珍重され、やがてヨーロッパの上流階級に広まりました。
その後300年ほどたち、19世紀にオランダ人ヴァン・ホーテンがカカオから油脂(カカオバター)を一部取り除くことで溶けやすくおいしいチョコレートを作り出し、それまで飲むチョコレートを食べるチョコレートに変身させたのです。

e0025817_21282562.jpg



ルセットでは定番のチョコレートのデザート「ミロワール・オー・ショコラ」
ミロワールとは鏡という意味で、鏡のような光沢をもち、中はプラリネとチョコレートの2層で作られた、しっかりとした味わいです。

e0025817_21285943.jpg
チョコレート好きにはおすすめのデザートです(^^)


注・夏はご用意してません。。。
[PR]
# by recette_chef | 2006-02-22 21:31 | グルメ | Comments(2)
グラッツェ!!!
5日前にお客様から頂いたチョコレートのお菓子。

北野の「イ・ドルチ・シベリ」さんのパンペパート!
このお菓子は出来上がってから5日間寝かせて食べるものらしく、今日が待ちにまった5日目です!

・・・待っててよかった・・・我慢しててよかった・・・(Oさんもそわそわ・・・)

中にはナッツ、イチジクが入ってて、蜂蜜とシナモンの香り。
しっかりとしたアタックで、おいしい~!e0025817_19242124.jpg

御馳走様でした!
[PR]
# by recette_chef | 2006-02-22 19:25 | 今日の出来事 | Comments(0)
はじめまして。
e0025817_2165379.jpg



ぼく、ブロンです。こわがりないぬです。
でもことしはいぬどしなので、すこしはがんばります。
[PR]
# by recette_chef | 2006-02-21 02:19 | ブロン | Comments(0)
野菜を食べましょう!
子供の頃の想い出は幾つになっても忘れられないものです。

私が小学校低学年の頃、家の横に小さな畑がありました。
そこにはいろんなものがありました。

とうもろこし、豆類、いちご、ぶどうの木まで。。。

いわゆるスナック菓子は買ってくれない家でしたので(ホントは食べたかった・・)いつも畑に入ってそれを取って来てはおやつ代わりに食べてました。
お陰で子供ながら野菜大好きで大人の嫌がるような苦い山菜も大好物でした。

今でももちろん大好きなので、お店に入荷してくる野菜には興味津々!

ルセットで使用する野菜の種類は沢山あります。約70種類!
付け合せはもちろんですが、スープにしたり、ピューレ(すり潰したもの)にしたり、デザートにしたり。。。
子供の頃には見た事のない野菜もいっぱい!

今日もまた珍しい野菜が入りました。e0025817_1525994.jpg

「紅菜苔」    こうさいたい   

何年か前より使用してますが一般的にはあまり普及してません。
アブラナ科アブラナ属(なんか呪文みたい?)で白菜、カブと同種ですが菜花と同様にとう立ちした茎、葉、蕾(つぼみ)を食べます。
とうを食べる野菜の中でももっとも美味とされています。



お花があまりにもかわいらしいのでテーブルにも飾りたいぐらいです。
[PR]
# by recette_chef | 2006-02-21 01:58 | グルメ | Comments(0)
キラキラ☆vol 3
先日、ご近所さんのフランス料理店で、ワイン会がありました。

このお店のご好意で閉店後、神戸で頑張っている未来のソムリエ&ソムリエール&シェフを目指している若手達の集まりです。
その会の主催してくれている一人は以前、ブログでも紹介した「なんちゃってソムリエ」君です。

私自身、このような集まりに大賛成です。
同じ夢を持つ、しかも違う店で頑張っている同世代の人と話す事によっていろんな考えや、刺激を受けます。
なかなか勤めているお店以外に知り合うきっかけもないので、こんな場があることによってワインの話ももちろんですが、いろんな話をして前向きな考えが生まれてくると思います。思いたいです。

第二回の今回は当店からも、2人を参加させました。

親元を離れ、単独1人で見知らぬ神戸にやってきた2人です。
それなりの覚悟で来たと思いますが、やはり仕事を離れると寂しい思いもあるみたいです。

でも、今回の参加で2人にとっていい刺激になったようです。


会であった事、何を飲んで美味しかった事、こんな事を感じた事。。。
朝、会うなりいい顔で話してくれました。キラキラ☆した目で話してくれました。

そんな顔を見ると私自身も嬉しくなってしまします!

                            e0025817_203976.jpg

「がんばれ!1人じゃないぞ!」



心の中でエールを送りました。。。。


この様な場をつくってくれた某フレンチのシェフ、なんちゃってソムリエ君に感謝!。



お店の桜は満開です。花見にはちと早いです。。。
[PR]
# by recette_chef | 2006-02-18 02:04 | 今日の出来事 | Comments(2)
シャトー・レオヴィル・ラス・カーズ’79
お客様から「少しテイスティングしてね・・」
e0025817_1123929.jpgと頂いたラス・カーズ!

おいしかった~!

状態も良く、スタッフの皆と美味しく頂きました。
「私の生まれる前ですね~」と若いスタッフも嬉しそう!

御馳走様でした♪
[PR]
# by recette_chef | 2006-02-17 01:13 | Comments(0)
カトラリー
e0025817_21371942.jpgカトラリーとは食卓で使うフォーク、ナイフの事。


1830年の創業以来ナポレオン三世をはじめとする世界各国の王室、エリーゼ宮などの各国公邸、大使館などで愛されていたクリストフル社。
ルセットではクリストフルのパール(真珠)というカトラリーを使用しています。

20種類のカトラリーは毎日、日替わりで1種類ずつシルバー磨きをしてあげます。
(銀製品のため黒ずんだり、くもってきたりするため)


今日はご自宅での銀器のお手入れを少し・・・

使用したカトラリーは早めに中性洗剤で洗います。
光沢を出したい時は専用の銀磨き剤を少しだけスポンジ(布はスポンジの4倍もの負担があるため)につけてカトラリーを磨きます。
卵黄やレモンは銀を黒くするので注意して下さい。

すすぎはぬるま湯で、仕上げは熱湯をかけると水切れが良くなります。
温かいうちにやわらかいナフキンで完全に水気を取ります。

手指の脂肪分も錆や黒色化の原因になるので直接手を触れるのは避けましょう。

収納は・・・
水気と空気中の硫化物が銀器の一番の大敵なのでよく乾かし布やビニール袋などに入れ引き出しの中にしまいます。
また塩化ビニールやゴム等と一緒にしまうと化学反応を起こし黒変してしまいます。
市販のシルバープロテクター(硫化物を吸収する錠剤)を利用するのもいいでしょう。

銀器はお手入れが大変ですが美しい光沢をもち、食卓の雰囲気を盛り上げ、一生使える贅沢品です。


今日は長文で失礼いたしました。。。
[PR]
# by recette_chef | 2006-02-15 21:41 | 御知らせ | Comments(2)
今日のまかない。。。
e0025817_1816164.jpg六甲商店街のおいし~いコロッケ!
お客様から20個も差し入れ!

早速まかないで頂きました(^^)

御馳走様でした♪ 









おなかいっぱい。。。
[PR]
# by recette_chef | 2006-02-15 18:16 | 今日の出来事 | Comments(3)
募集中☆
スタッフのOさん(女の子)が悲しそうにぽつり・・・

「今日って、バレンタインデーだったんですね。。。すっかり忘れてました。。。
 今年はぜんぜん縁がないですねぇ。。。」

ううぅ、かなしい・・・


そうです!今日は女の子にとって特別な日!バレンタインデー!!

シェフもお客様からいくつかチョコレートを頂き嬉しそうです♪
娘は娘で、学校から帰るなり、厨房でスタッフに教えてもらいながらチョコレート作りに一生懸命です!

e0025817_1948911.jpg


「・・・上手にできたん?」

Oさんが腕をポリポリしながら娘に聞いていました。。。


e0025817_20302168.jpg

[PR]
# by recette_chef | 2006-02-14 19:50 | 今日の出来事 | Comments(4)
ワインには歴史があります!
e0025817_19464659.jpg


ルセットでは常時グラスワインを7~8種類御用意してます。
今日はそのうちの赤2種類を紹介します

左はブルゴーニュ・ルージュ98、メゾン・ルロワ(ネゴシアン)です。

ボーヌ・ロマネに本拠地を構えるドメーヌ(自社畑をもち栽培から醸造、瓶詰めまで行う)&ネゴシアン(契約農家から葡萄を買い付ける)、ルロワ。

ラルー・ビーズ・ルロワ女史(マダム・ルロワ)は超一流のネゴシアンとして今日の名声を築き上げた人物。
世界最上の味覚、テイスティングの持ち主として、厳しい品質管理のもと素晴らしいワインを生み出しています。
1992年まではDRC(ドメーヌ・ド・ラ・ロマネコンティ)の共同経営者として有名で、今や完全に退いていますが、ルロワの造るワインはDRCと並ぶ巨頭といわれています。


右はボルドー、サンジュリアンのシャトー・ラグランジュのセカンド、レ・フィエフ・ド・ラグランジュ’01。

悲しいほどの低迷時期があったのですが、1983年にサントリーが買収し徹底した改良がされ驚くほど評価があがった、日本企業が購入した初の格付けシャトーです。


e0025817_2027242.jpg


お肉料理の時にグラスで1杯、いかがですか?
(ちなみにこのお料理はシェフのおまかせコースのメイン、シャラン産の鴨とフォアグラのアンサンブル、トリュフのソースでございます。。。)
[PR]
# by recette_chef | 2006-02-09 20:36 | ワイン | Comments(2)
e0025817_10444885.jpg

近くの公園にいつも来るダルメシアンのケンちゃん。 凄いんです!飼い主の命令は絶対でおまけに滑り台まで滑るんです! 朝の準備が一段落した10時には公園に逢いに行くのが日課になりました(^ー^)
[PR]
# by recette_chef | 2006-02-09 10:44 | 今日の出来事 | Comments(0)
朝食、お昼時、おやつでも!
ルセットでは何種類かのパンを日替わりでお出ししております。

外はカリッと、中はもちもちの全粒粉のパン。
ローズマリーが入った香り豊かなバケット。
くるみがたっぷり、食感も楽しいくるみパン。

そして裏メニュー・・・というか、テイクアウトで人気のブリオッシュ!(1本 ¥1050)
e0025817_14323345.jpg


フランスの粉と新鮮な卵、たっぷりのバターが入ったリッチなパンです。

初めはテイクアウトで特別にお勧めしてたのですが、ご近所の方々や、OOさんから聞いて・・等のお問い合わせなどで今はご注文を沢山頂いている状況です。
そこでこれからは予約注文を前もって頂き、対応できる数だけ作る事になりました。

ご希望の方はメール、電話にてお問い合わせ下さい。
[PR]
# by recette_chef | 2006-02-08 20:51 | パン | Comments(2)
幸せ
今日、素敵なご夫婦が誕生です!e0025817_18382721.jpg

北野で結婚式を挙げたいとお店探しをされていたお二人にお合いしたのは数ヶ月前。。
第一印象はとっても笑顔が素敵♪
そしてお二人ともしっかり者!

そのお二人が今日、ルセットで披露宴!

ほんとっ!楽しい宴でした!
新郎、新婦のご家族の方も笑顔の絶えない方々でず~と皆で盛り上がってました。
きっと家の中も楽しいんだろうな~、って仕事をしながら羨ましくもなりました。



最後は新婦様のお父様の涙のご挨拶で、カンドー!
私まで涙しました。。。


今日はお二人の幸せを少し頂きました♪有難うございます。
e0025817_18373155.jpg


またお二人で遊びに来てくださいね!
[PR]
# by recette_chef | 2006-02-05 03:40 | 今日の出来事 | Comments(0)