Recette日記
recette001.exblog.jp

Recette cuisine francaiseの日記
カテゴリ
以前の記事
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2001年 05月
最新のコメント
かなやまさま~~~!!!..
by recette-recipe at 00:34
今夜は、ジビエづくし本当..
by かなやままみ at 22:21
http://stora..
by Edwardki at 09:40
やむ蔵さん 先日はあり..
by recette_chef at 22:45
やむ蔵さん お元気..
by recette_chef at 23:00
マダム&シェフ 暑い日..
by やむ蔵 at 01:41
kcanariさん 今..
by recette_chef at 20:14
「マッサン」効果ですか?..
by kcanari at 10:49
milkieさん ..
by recette_chef at 20:06
はじめまして。 今週末..
by mikie at 12:39
最新のトラックバック
幸せになれるレストラン、..
from ぶたもおだてりゃ空を飛ぶ
リンク
人気ジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
<   2006年 04月 ( 21 )   > この月の画像一覧
双子ちゃん
e0025817_21271229.jpg
黄身がふたつ。。。


久しぶりに見ました♪


・・・どうって事ない事ですが・・・
[PR]
by recette_chef | 2006-04-30 21:28 | Comments(4)
岩ではございません、オコゼです!!!
e0025817_15295864.jpg

今日もシェフが沢山のお魚を買ってきてくれました。
その中に、このオコゼも。。。ドアップでビックリ!!

とても醜い、もしかして魚の中では右にでるものが無いほど醜い魚、オコゼ。
漢字で書くと虎魚。
顔も岩のようにボコボコで背びれには毒をもったトゲがあります。
しかも泳ぐ姿もとっても不細工らしいです。。。。

オコゼは山の神にまつわるお話がいろいろあります。
古川柳には、「山の神おこぜばかりを食につけ」というのがありますし、
御伽草子(おとぎぞうし)には、山の神様が、オコゼ姫に求愛する話があるそうです。

さらには、猟師が豊富な獲物の収穫を祈って、山の神にオコゼを供えたとか。
連日の時化で漁にでられないときには、海が穏やかになることを祈願して、やはりオコゼを山の神に供えたといいます。

でもこのお姿のオコゼ様、なんとも美味しいお魚です!
身はもちろんですが、丸ごとから揚げにすると頭ごと全て美味しく頂けます。

その醜い姿を超越して、なんたる美味真髄の魚!!
[PR]
by recette_chef | 2006-04-28 15:36 | Comments(2)
のどぐろ
・・・って知ってますか?
日本海で採れるとっても美味しいお魚です!

山陰では、この魚の口の中が黒いことから「のどぐろ」と呼びます。
食通のあいだで特に珍重され、「幻の魚」「白身のトロ」とさえ呼ばれます。
品格ある脂乗りの白身魚で、骨のまわりが旨く、また皮も旨し!

シェフが大好きなので中央市場で出ている時はだいたい買ってきてくれます。
今日ののどぐろは特に立派でした!(大きいし身もぷりぷり!)

和食では一夜干しや味噌漬けが美味しい!!!

ただ、残念なのが、名前が変わっているためお客様に「はらぐろ?」といじめられちゃいます。。。こんなに綺麗な魚なのにね♪

e0025817_1581795.jpg


余談ですが子供の頃、よく親に「魚をきれいに食べないと立派な大人になれない!」とよく言われ、(信じて。。。)骨までしゃぶっていた記憶があります。

お陰で今も魚は大好きです。

立派な大人にはなれませんでしたが(とほほ・・・)、そう言い聞かせてくれた親に感謝!!!



             
[PR]
by recette_chef | 2006-04-27 01:00 | Comments(2)
正夢?予言?
2日前、とあるフレンチで1人でランチを食べている夢を見ました。
一度だけずいぶん前に行った事のある(しかも1人で!)レストランです。

その日のお昼になんとそのお店から私宛にお電話!!!

ひょえ~!!こんな事ってあるの~?


そして昨日は小さい小さい一人用の車に私が乗って、北野を走っている夢。
びゅんびゅん走ってました。。。

そして今日の朝、看板の前でスタッフと話ししていると、なんと横をほんと小さい小さい車が
坂道をびゅ=と走って上がっていくじゃぁありませんか!!!!

ひょえ~!こんな事ってあるの~?あ”-

しかもオープンカー!しかも運転してるのは60歳位のおばあちゃん**!

これってどういう意味~?!
[PR]
by recette_chef | 2006-04-26 00:35 | 今日の出来事 | Comments(0)
忍者でござる!
e0025817_04914.jpg


ただの忍者ではござらぬ。
体は巾着なのである。
e0025817_064954.jpg
                             ここじゃ ⇒



お客様の手作りで、こんなにかわいい忍者いただきました。
お上手だし、アイデアが素敵です♪
[PR]
by recette_chef | 2006-04-26 00:11 | Comments(0)
はじめてのまかない
いつからか毎週日曜日は、カレーの日と決まっています。
ランチがバタバタするし、週末でやる事が多いからです。
材料はあるもので・・・というのがまかないの基本なので毎回内容が変わります。

同じカレーでも作る人によって味って変わりますよね。

ルセットでは普段、食材を触れない新人さんのお仕事。
今日はその子が初めてのまかないの日です。

昨日の晩に「明日はあなたがまかないのカレーを作ってね」との一言に心配そうな顔。。。。
やっぱりシェフをはじめ、みんなに食べてもらう事のプレッシャー&キンチョーでしょうか。

たかがカレー、されどカレー

スタッフみんなに食べてもらうと言う事は彼らにとって大切な仕事です。
(美味しい、美味しくないなどストレートに言われちゃいます。)

いつもより30分早く来て、今厨房で頑張っています。
シェフに駄目だしされないようにしてもらいたいものです。。。
[PR]
by recette_chef | 2006-04-23 08:43 | 今日の出来事 | Comments(4)
I LOVE 四国ぅ~♪(矢沢節で)
ただいま~!!!

行ってきました!ハードスケジュールの一日四国の旅!!
業者さん2名と当店9名のちょっとした団体さん!
朝は7時出発だったのですが・・・あれよあれよで結局8時出発!
「ジュース持った?」「お菓子持った?」「ティッシュ持った?」etc.etc・・・
ほんと、遠足です。。
e0025817_19474370.jpg
お天気は少し雨が降っていて景色があまりよくないのが残念でしたが、明石大橋♪


途中サーヴィスエリアで休憩を入れながら予約の
12時ちょうどに到着!
地元の方に紹介して頂いた海に面している民宿です。
e0025817_2029395.jpg
お部屋はお座敷ですぐに海が見えてとってもいい感じ。



さあ!楽しみにしていたひとつ、お食事タ~イム♪
やっぱり高知は「鰹のたたき」
今日はお休みなのでたっぷりのにんにくのせちゃいます。
にんにく、解禁日!!
e0025817_20292961.jpg
この民宿は貝が美味しいそうで、なにやらいろんな貝が。。
あさり、とこぶし、まてがい、帆立に似た長太郎貝などなど。。。

e0025817_20324917.jpg

網の上でゆっくりと焼いていきます。少し生の方が美味しく食べれました。
はじめは賑やかだったのですが、焼きが入るとみんなは静かに・・・
やはり焼き加減にはこだわるようです。
e0025817_20385878.jpg
最後はこちらの名物「あわび飯」で締めくくり!!!
お腹いっぱいです! 


e0025817_20455885.jpg
さあ、今度は本題の「フルーツトマト」の見学です。
JAとさかみさんにまずはご挨拶に・・


e0025817_20483119.jpg
会議室にはJAの方々と栽培者の横田さん。
みんな真剣にお話を聞いています。
業者さんのGさんはさすがです!いつも勉強されているんで質問内容は全く私たちとのレベルが違いますね。トホホ・・・
ここでビックリしたのがフルーツトマトって普通のトマトと一緒の品質って言う事。
手間隙かけて育てていく事のよってあのような糖分の高い美味しいトマトになるんですね。
そして横田さんが「このトマトは野菜の種類として売られますが、フルーツを作っている気持ちで栽培しています。」との一言。



e0025817_21154710.jpg



e0025817_2162955.jpg
さあ、実際トマトを見に行きましょう!
みんな真剣に横田さんの話を聞いています。
時間も経つにつれ笑いも出てきました。
トマトは極限に水を減らしストレスを与え、トマト自身で生きていく力を付けていきます。
栄養分はしっかりと小さい実に詰まっていきます。
土は湿った感じではなく、乾燥し、でも栄養分と空気が入っている感じでした。


e0025817_2113949.jpg
かわいい花が沢山咲いていました。
e0025817_21135151.jpg


最後は美味しいトマトの見分け方を聞き「自分達でとってごらん」と嬉しい一言。
真剣に探して持っていったら「これはだめ!まだ美味しくない!!」と職人魂で言われちゃいました。。。
採りたてトマトのジュースやアイスクリームも頂きみなさまに見送られながら高知を後に・・

楽しい見学も終わり次は香川へ讃岐うどんを目指してGO!!
途中、畑の真ん中にあるイタリア料理店を発見!
小腹も空いてたので勢いで入ったら、思っていたより当たりでワインを飲みながら楽しい時間を過ごしました。
次はほんとに讃岐うどん!!!
知り合いのシェフ(香川出身)に教えて頂いたお店で美味しいうどんを食べて神戸へと帰りました。

楽しい一日はあっという間に過ぎるものですね。

確実にみんな、楽しい思い出と体重は増えました。。。
[PR]
by recette_chef | 2006-04-20 21:44 | 今日の出来事 | Comments(8)
遠足!
e0025817_21455687.jpg


(先日撮り忘れていたフォアグラの写真です。)


とうとう明日、高知に行ってきますv

朝の7時に出発でゆとりをもって正午ぐらいに到着予定です。

一応、お食事する所は決まりました。海に面しているお料理自慢の民宿です。
地元の方からのおすすめで、地の物を使ったお料理らしく、海鮮類がたくさん食べれそうです♪

食事の後は農園にお邪魔して畑の見学。
もぎたてのトマトが食べれるのでしょうか。。。

帰りは香川に少しだけ寄り、讃岐うどんを食べて帰ってくるつもりです♪

こうゆう仕事柄のせいか、食べる事ばかり考えてしまう卑しい私ですが、やはりいろんな土地の美味しいものははずせません。。。

楽しみ~!!!
[PR]
by recette_chef | 2006-04-18 22:20 | 今日の出来事 | Comments(5)
ラギオールとライヨール
洋服やカバン等の物欲の無い私はお店の物をお少しずつ買い足していくのが好きです。

お店のグラスやカトラリーなどはじめはぎりぎりの量を買い、少しお金が貯まったら少しずつ、少しずつ足してきました。

今日はラギオールのナイフ・フォークが届きました♪
e0025817_22122183.jpg箱を開けるとキッラー!!!・・・美しい・・・!!!
ささやかな喜こび☆

(持つ所は水牛の角で出来ています)

このラギオールはフランスオーヴェルニュ山地に位置する刃物の村で生まれます。

このラギオール村で刃物作りが始まったのは1400年代ごろ。
しかし1600年代にはすでに産業としてはほとんど途絶えてしまってました。

その300年以上過ぎた1978年「シャトーラギオール」はティエールで誕生しました。
その後1985年に「ライヨール」が誕生しました。
ティエール産「ラギオール」とラギオール産「ライヨール」。
e0025817_22125560.jpg
綴りは一緒(LAGUIOLE)なので間違えやすいのですが違うのです。
しかしどちらもソムリエナイフでは世界中のソムリエから愛されています。
(これは5年ほど前に購入したライヨール)
これらのナイフは本当に切れ味がよく、固めのお肉(例えばジビエ類)や骨付きのお肉等に適しています。

高価な物なので沢山は購入できませんが、大事に、大事に使っていく一生物です!

e0025817_22152854.jpg
(2年前程前に購入したラギオール。持つ所は木で出来ています)
[PR]
by recette_chef | 2006-04-16 22:22 | 今日の出来事 | Comments(2)
世界三大珍味 フォアグラ♪
世界三大珍味のひとつ、フォアグラ!
トリュフ・キャビア・フォアグラ。フランス料理には欠かせない食材です。
e0025817_2381838.jpg

フォアグラというのは、トウモロコシ等を過剰に食べさせ、運動をさせず、肝臓肥大を起こさせた肝です。

フォアグラには鵞鳥、鴨の二つの種類があります。
鵞鳥のフォアグラは熱に強く温製、鴨は冷製に適しています。それは料理過程で溶けやすいからです。
人間の臓器では、肝臓が一番大きいそうですが、体重の45分の1程度で、鵞鳥の場合は10分の1から20分の1ですから、いかに肥大しているかがわかると思います。

色は少しクリ-ム色を帯びた白色であり、ピンク色の筋が入っているもの、そして肌理のしっかりしたものがよいといわれています。
e0025817_2384846.jpg
前菜でご用意している「フォアグラのポワレ 自家製のパンデピス添え 乾燥イチジクのソース」
はちみつとスパイスの効いたパンデピスとの相性が抜群!!!
(・・・お料理の写真があったら良かったのですが・・・撮り忘れました・・・)

通常メニューにプラス¥1000でたっぷりの量のフォアグラが召し上がれます♪
[PR]
by recette_chef | 2006-04-15 23:15 | グルメ | Comments(2)